HOME>特集>壊れてしまった時でも諦めずに買取に出そう

目次

パーツや部品に価値が付く

車

事故車や不動車といったバイクでも、全てが無価値になってしまったわけではありません。部品やパーツ単位で見れば価値はありますので、分解をしてリサイクルができるところがあればそこに値段が付くことがあるのです。

修理をして販売する

状態次第では修理をすることも可能です。買取業者の場合は事故車・不動車を安価に直すことができるため、修理ができる見込みがある状態なら販売をするために買取対象としてくれることもあります。状態次第では0円での引き取りになることもあるものの、費用を掛けて処分をするよりも安く済みます。したがって安易にバイクをスクラップに出してしまうのではなく、買取がされる可能性も考え、まずは査定に出してみることが望ましいと言えるでしょう。

海外に輸出をする

日本で流通させる以外にも、海外へ売るために買取がされることもあります。日本のバイクは海外でも一定の需要があり、たとえ事故車や不動車だろうと変わりありません。ただし、どこの買取店でも海外への輸出を行っているわけではないのです。国内での販売をメインにしているところもあり、そういった買取店では売れないこともあります。海外への販路を持っているところに相談をした方が、事故車や不動車が売れる可能性は高いと言えます。

広告募集中